都立トップ校(進学指導重点校)に行こう

今の実力の範囲内で志望校を決めるのはもったいない

  • HOME »
  • 今の実力の範囲内で志望校を決めるのはもったいない

題名のまんまです。

中学1・2年生でピークを迎えている人などいません。これから努力をすれば伸びる以外にありません。それなのに今の実力で志望校を決めるのはもったいない。
それは努力することから逃げる、ということでもあります。もったいない(二回目)。本気を見せてやろうではありませんか。

中学3年生になってからでも遅くない。正しい方法できちんと努力を続ければ志望校が母校になる(どこの予備校のキャッチフレーズでしたっけ)のです。

3年生になってから最初はC判定で半年後にA判定になった、そんな実例です。
これは私の弟です。最初から戸山高校しか考えていなかったので常に第一志望でした。C判定が出てから火がついたようです。
ちなみに弟も推薦で落ちて、一般で合格しました。戸山しか受験していないので、これも私と同じですね。

お電話は月・火除く19~22時にお願いします TEL 080-5195-5764 メール hayatojuku@gmail.com は24H受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.