3月1日は都立高校試験の合格発表日でした。
秋以降に3年生の生徒さん2名に、弱点補強と試験日までの「もっていき方」を指導してきました。
本番前の模擬試験で思うような判定結果が出ずに不安を感じている生徒さんもいました。そもそも合格者の中でS判定、A判定をもらっている人はかなり少ないでしょう。V模擬・W模擬実施会社にとっても、A判定で落ちた子続出!となれば評価の信頼性が薄れます。B・C判定でも気にしないでください。

ここで大事なことは不安になったからといってバタバタしないということです。
周りの友達が私立や都立の推薦で合格が出始めると尚更焦りもあることでしょう。
でも、そうした不安や焦りとしっかりと向き合って、残された時間は1問・1点でも取れるように勉強しましょう。
祈っている時間があれば机に向かって目の前の問題と向き合いましょう。
そうは言っても不安でいっぱいでしょうから、そんな時は私がしっかりと聞いてあげることにしています。

この二人の生徒さんは試験前は不安を訴えていましたが、試験日当日に自己採点をしていたとのこと。
これはかなりの強心臓です。私は当日はぐっすり休んで翌日に採点しました。弟はドキドキして3日程してようやく採点したくらいです。
試験が終わってから合格発表までの1週間の何とも言えず不安な時期に何故か学校の学年末テストがありますね。

「先生のおかげで立体の問題が解けたよ!」と連絡をいただきました。相当集中的に演習しましたからね・・・。夢にも出てきたのではないでしょうか。

都立高校受験は中学受験をしたことがない人が殆どだと思います。
高校受験が人生初の受験になるわけです。そして多くの生徒さんは反抗期とも重なり親御さんも対応が大変でしょう。
まさに家族にとって一大事。でも乗り越えた時は皆がいい笑顔で春を迎えられますね。

自分の高校合格発表の時より今回の生徒さん二人の合格を知った時の方がずっと嬉しいですね。
自分で選んで勝ち取った高校。充実の3年間を過ごして下さい。おめでとう!